「ケータイ小説」の魅力はどこにいったいあるのだろう。

ケータイ小説の魅力とは

ケータイ小説の魅力とは

「ケータイ小説」の魅力はどこにいったいあるのだろう。

ケータイ小説を一度も読んだことのない方でも「恋空」というタイトルはご存じではないだろうか?
ケータイ小説のサイトで人気になりその後、書籍・マンガ・映画・ドラマ化された作品である。
ただし作者の美嘉(敬称略)は執筆当時には素人であり、他にも同じように人気の出た「天使がくれたもの」「赤い糸」なども素人が書いたものであった。

こう言った背景を考えると誰もが読み手であることはもちろん、書き手になることもできることが魅力になっているのではないだろうか。


誰でもケータイさえ持っていれば、情報を受け取り発信できるようになったのだ。
一人一台携帯電話を持つ時代が来たことで、パソコンがなくてもインターネットに接続することができるようになった。


それまでは東京などの大都市で情報発信されていたものを受け取るだけだった地方都市でも格差なく情報発信できることも魅力になり、身近な物語であり共感できるケータイ小説が広がっていった。
自分が共感できる物語を読み、自分にも書けるのではという思いが多くの作品を生み出す結果となった。


ケータイ小説の魅力とは

ケータイ小説を読むことを楽しむ

ケータイで読む「ケータイ小説」はどこにあるのだろう。

ケータイ小説を書くことを楽しむ

ケータイ小説はケータイ電話さえ持っていれば誰でも書ける。

ケータイ小説の魅力とはケータイ小説を読むことを楽しむケータイ小説を書くことを楽しむサイトマップ